大会結果報告

8月&9月の月次試合

8/22、9/5の両日、講道館の月次試合に出場してきました。

まず8月の月次試合。
まずは中学3年生の吉川、1人目、2人目とずっと練習してきた腰絞を決めます。
1年生の頃から練習してきた技術が、ここにきてやっと成果として表れました。
3人目にはもうバテてしまい、一本負け。
それでも2回の一本勝ちで2点を獲得しました。

次は安齋、柔道経験1年半、中学2年生ですが比較的体重があるため、
毎回中盤以降の配置にされてしまい、初戦も高校生との対戦となりました。
しかし組むやいなや、大外刈りフェイントの小外刈を決め見事な一本勝ち!
2人目は膝をついた低い背負投で転がされてしまい、敗戦。
こちらは顧問が「膝つき背負投は教えない」という主義でやっているため、
防御法が分からなかったのだと思います。せめて捌き方だけでも教えなければなりません。

さて今回、2名の部員がそれぞれ勝利したことはもちろんですが、
最大の収穫は「一番多く練習してきた技術が試合で決まった」ことにあると思います。
教わった技を試合で決めるには、何百回、何千回、それ以上の
【質の良い反復練習】が不可欠です。
その成功体験を今回は経験してくれたことが大きな収穫だと思います。

<8月の月次試合結果>
吉川 2人抜き(合計点数5点)
安齋 1人抜き(合計点数3点)

本日、9月の月次試合でした。
あいにく顧問は下の階で六段の形講習を受講していたため、
粂川&髙野両コーチに指導をお願いしました。

吉川は勝ちこそなかったものの、粘って1引き分け、その後、
低い背負投で転がされ、抑え込まれてしまいました。

安齋は二回りも大きい相手と粘って引き分け、その後会心の大外刈り!
その後は破れるも、練習の成果がまたしても光った1戦でした。

参戦して数回は礼をした直後、あっという間に投げられていた2人、
我慢して続けてきた成果がやっとここに来て現れるようになってきました。

<9月の月次試合結果>
吉川 1敗1分け(合計点数5.5点)
安齋 1勝1敗1分け(合計点数4.5点)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校3年生が初段の試験(投の形)に挑戦!

6月8日(土)、講道館において行われた形研修および形の試験に
高校3年生4名が挑戦しましたのでご報告します。

彼らは早いもので中学3年生の冬から、遅いものは高校1年生の初夏から
本校柔道部に入部し、受け身から柔道を習い始めました。
当初、月次試合は連戦連敗・・・
本当に目標である6点を貯めることが出来るのか、
やっている本人たちはもちろん、私自身でさえも自信がありませんでした。

当初は様々な言い訳をして辛い稽古から逃げていた生徒たち、
私自身「もう辞めてしまえ!」と言い出そうとしたこともありましたが、
徐々にやる気を出すようになってきました。
何人も辞めていきましたが、最後まで残った4人は本当によく頑張ったと思います。

集大成として臨んだこの形試験、高橋は足の負傷が癒えず
取のみでの稽古、そして受験でしたが、仲間たちはイヤな顔もせず
代わる代わる受け身を取っていました。

http://www.facebook.com/photo.php?v=616172168393154&l=1025199488965320058

そんなことを思いながら、真剣に形の試験に打ち込む彼らを見ていると
私は胸がいっぱいになってしまいました。

結果は全員合格です。
おそらくは日本で最も難易度の高い昇段試験に、彼らは正面から立ち向かい、
そして合格しました。昇段証書が届いたら、胸を張って黒帯を締めてもらいたいです。

980746_615550105122027_1094196902_3

979591_615320355145002_618854689_n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月の月次試合

6月の月次試合の報告です。
高校3年生は初段受験に備え、今回は中学生のみの出場でした。

中3の吉川は「頭を下げて逃げ腰にならない」ことを課題にしました。
練習している、喧嘩四つからの支釣込足を仕掛けながら、
大外返で有効を奪取、そのまま優勢勝ちを収めました。
これで3勝(3点)獲得となりました。
課題をしっかり守れたこと、練習している技術を積極的に出せたことが良かったです。

体重80kgながら柔道歴11ヶ月・中学2年生の安齋は高校生との対戦でした。
怪我をしてしまうのではないかと心配になりましたが、無難(?)に小内刈で一本負け。
それでも普段から私が聞き直してしまうくらい、か細い声しか出せない生徒が、
これだけ強気で組みに行けたのはむしろ収穫と言えます。
この調子でいけば、勝ち星を稼ぐことはそう遠い先ではないはずです。

まだこのブログでは紹介していませんが、春から柔道部員として
一緒に活動しているチャーリーというアメリカ人がいます。
彼も都市大付属チームの一員として出場しました。
彼はレスリングやブラジリアン柔術も学んでいるので、
寝技に自信を持っているのですが、修徳中学の軽量級選手に組み手で翻弄されてしまい
宙を舞ってしまいました。今後は組み手が課題です。

また今回、OBの松村君が初段の部で出場しました。
1引き分け、1敗という成績でしたが、やはり組み手で翻弄されてしまいました。
この夏は、チーム全体として組み手の研究を行いたいと思います。

さて、今週土曜日(6/8)は講道館で形の試験です。
高校3年生が柔道部での活動の集大成として、投の形に挑戦します。

現在の獲得ポイント
吉川3点
安齋2点
チャーリー0点

次回出場予定の月次試合
8/22(木)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月の月次試合(高校3年生最後の試合?!)

4/4(木)新年度最初の月次試合に出場してきました。
受験体制に入る高校3年生は実質、最後の挑戦でした。

吉川
組み手で制圧されてしまい、背負投で投げられました。
その後、抑え込まれそうになるところで足を絡んで防ぎますが、
相手の袖車絞で「まいった」の合図。
顧問としては袖車絞で負けるのは悔しいですね。

安齋
小学生時代、顧問が指導していたたけし君との対戦。
支釣込足や大外刈の応酬から、巧みに押し込んで抑え込み一本勝ち!
月次試合での初勝利をあげます。
二人目は大外刈フェイントから小外刈りに変化、見事に決まって一本勝ち!
2人抜きを達成しました。(3人目にはコロッとやられてしまいました)

鈴木
この日は落ち着いた試合運びで、しっかりと技をつなげることが出来ました。
一人目、二人目を得意の引っかける内股で撃破、
三人目となった富田戦では引き分けて退きますが、
この日だけで2勝1引き分けの2.5点の獲得、
合計8点となり最後の挑戦で見事目標達成となりました。

富田
鈴木との世田谷区無段最強決定戦の激闘で消耗した富田、
次戦もギリギリで引き分け、本日2引き分け、1点獲得で合計4.5点になりました。

坪井
あとたった0.5点の坪井、気持ちは前に出ていますが完全に見切られてしまい、
背負投で2回投げられてしまい敗退。
目標達成まで僅かに届きませんでした。
原因は色々ありますが、16:30集合、17:30試合開始のところ、
17:25に来るあたりに根本的な敗因が見え隠れしていると思われます。

この日を最後に月次試合は引退、形の試験を受けて初段取得後は受験体制に入る予定の3年生でしたが、坪井は0.5点、富田は1.5点届きませんでした。
両名とも「このままでは終われない」とのことでしたので、
もう少しだけ頑張るようです。

また今回、卒業生で現アマボクサーの松村が初段の部で出場、1勝をあげました。

<現在の獲得点数>
鈴木8.0点(目標達成!)

坪井5.5点
高橋4.5点
富田4.5点
吉川2.0点
安齋2.0点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月の月次試合(坪井が3人抜きの健闘!)

世田谷区民大会が終わったばかりですが、月次試合に出場しました。
前回の月次試合で足を骨折&手術した髙橋以外、5人が挑戦しました。

坪井 3人抜き(大内返、横四方固、大内刈)
鈴木 2人抜き(大外返、内股)
吉川 坪井との同門対決で抑え込まれる
富田 上四方固で一本負け
安斎 内股で一本負け

今回、同門対決が2回あり、少し残念でした。
しかし高校生でもっとも獲得点数の低かった坪井が大健闘の3人抜きを達成!
その坪井を大外返で一蹴し、内股も決めた鈴木が2人を抜きました。
先日、世田谷区民大会を制した富田は余勢をかっての出場でしたが、
膝付き背負いで転がされたあと、抑え込まれてしまいました。
顧問は膝付きの背負投を教えていないので、防ぎ方が分からなかったのでしょう。

今回の結果を踏まえた成績です。
部員は6点を獲得した時点で「投の形」の試験に挑み、初段取得を目指します!

鈴木5.5点
髙橋4.5点(怪我のため不参加)
坪井4.0点
富田3.5点
吉川2.0点
安斎   0点


引退が迫ってきた高校2年生が活躍するようになってきました。
練習への取り組みも、以前とは段違いです。
1試合を大切に、あと少しの点数を獲得してほしいと思います。

安斎は中学1年生なのに、都市大付属参加選手中、もっとも後ろでの登場となりました。
身体が大きいとはいえ、経験1年未満、まだ勝ったことがない選手を
後方に配置する意図が理解できません。勝敗よりも怪我がなくてよかったです。
世田谷区民大会では中学生相手に2勝することができました。
次回に期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世田谷区民大会(富田が5人抜きで優勝!)

2月3日(日)国士舘大学世田谷キャンパス柔道場において、世田谷区民大会が行われました。
本校からは白帯生徒5名(高校生3名、中学生2名)が参加しました。
結果は以下の通りです。

<高校生>
鈴木(5人抜き)準優勝!
(3大会連続
3度目の銀メダル)

富田(5人抜き)優勝!



坪井 初戦敗退(富田との同門対決に敗れる)

<中学生>
吉川2人抜き
安齋2人抜き(公式戦初勝利)


無段の部では5人抜きが3名いましたが「体重の重い方が上位となる」規定により、
富田が優勝、鈴木は準優勝となりました。鈴木は3回目の準優勝となります。

そして富田は柔道人生初のメダルが金メダルとなりました
またこの金メダルは、私が顧問として受け身から教えた生徒として初めての金メダルになると思います。

たかだか区民大会の、しかも無段の部の金メダルです。
でも彼らにとっても、私にとっても、貴重な金メダルとなりました。

普段、彼らは抜き試合を中心に参加しています。
そこで私は彼らに何度も
「最後の最後『それまで』といわれる瞬間まで諦めるな!
と言っています。でも今日の試合で、優勝したことで気が付きました。

私は彼らに言いながら、自分自身に言い聞かせていたのです「諦めるな」と。
だから敢えてもう一度、都市大学付属柔道部顧問の自分に言い聞かせます。

諦めるな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世田谷区民大会(鈴木が5人抜きで準優勝!)

11月18日(日)国士舘中高の道場で世田谷区民大会が行われました。
都市大学付属からは高校生4名(無段の部)、中学生2名(中学生の部)が出場しました。

<高校生・結果>高点試合
鈴木
一人目:○一本勝ち(出足払)
二人目:○一本勝ち(内股)
三人目:○一本勝ち(小内刈)
四人目:○一本勝ち(浮落)
五人目:○一本勝ち(大外返)
六人目:●一本負け(袈裟固)

富田
一人目:○優勢勝ち(技あり)
二人目:○優勢勝ち(技あり)
三人目:●一本負け(縦四方固)
消 化 :●一本負け(払巻込)

坪井
一人目:○一本勝ち(小内刈)
二人目:○一本勝ち(合せ技)
三人目:●一本負け(大外刈)※高橋との同門対決

高橋
一人目:○一本勝ち(大外刈)※坪井との同門対決
二人目:●一本負け

<中学生・結果>紅白試合
吉川 ●一本負け
安齋 ●一本負け(内股)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

11月の月次試合

10月は連休や柏苑祭、中間試験がありなかなか練習する時間が確保できませんでした。
練習不足は否めませんが、高校2年生は引退へのカウントダウンが始まっているので
強行で月次試合挑みました。

吉川は4度目の挑戦で初勝利を挙げました。しかも2勝です。
徹底して抑え込みで仕留めましたが、練習通りの動きができたようです。
腰を引いて頭を下げるという課題を克服すれば、さらにステップアップできるでしょう。
唯一の後輩、安斎がこのところ猛追していて、先週の部内試合では1勝2敗と
負け越してしまいました。その点が発憤材料になったのかもしれません。

安斎はこれがデビュー戦。
まずは礼法と受け身がしっかりできるかというのが心配でしたが、
なんとかなったようです。しっかり組んで柔道をすることができました。
しばらくは場慣れすることを心がけ、返されても得意技を仕掛ける勇気をもって
ほしいと思います。相手のタケシ君も見事な大外刈りでした。

坪井は現在泥沼の5連敗で0点、初取は可能なのか?という状況でしたが、
7月頃から取り組み方が一変、やる気が変わってきました。
その成果が出て、相手の小内巻込を切り返し、見事に一本勝ち!
初勝利を獲得しました。この調子で同級生を追い上げてほしいです。

鈴木は白帯らしからぬ見事な足技が持ち味です。
今回も巧みな出足払で相手を回しますが、回しすぎて「有効」止まり・・・
力の強い相手に下がってしまい、最後は強引に巻き込まれてしまいました。
技術力はダントツにあり、誰よりも真剣に練習している鈴木、
月次試合では思うような結果が出せていませんが、世田谷区民大会では
是非ともまたごぼう抜きを披露してもらいたいです。

富田は力の強そうな相手にくっついてしまい、一緒に倒れ込んでしまったような敗戦、
まずはしっかりと間合いを保っておけば、負けることもなかったのにと悔やまれます。
豪快に投げられた後に「やべっ!」といっている人を初めて見ました。

髙橋は何が何だかわからない異様な勢いがいやな感じです。
前に前に出て行くと、相手が下がりながらの大腰、これを見事後ろに返して一本勝ち、
積極性の賜物の勝利でした。残念ながら最後尾だったために、次の試合は無しで終了。

現在の得点状況です。
部員は6点を獲得した時点で「投の形」の試験に挑み、初段取得を目指します!
髙橋4.5点
富田3.5点
鈴木2.5点
吉川2.0点
坪井1.0点
安斎 0点

以下が今後の試合予定です。応援よろしくお願いします。
11/18(日)世田谷区民大会(国士舘大学世田谷キャンパス)
12/15(土)講道館月次試合(講道館、14:00~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月の月次試合

8月の月次試合が終わって間もないのですが、
9月6日(木)講道館に月次試合に出場してきました。
結果は以下の通りです。

吉川 一本負け(抑え込み)
鈴木 一本勝ち(小内刈)1点獲得!
    優勢負け(技あり)
富田 引き分け
    一本負け(背負投)
高橋 一本負け(抑え込み)

吉川はとにかく姿勢が悪く防御一辺倒になってしまいました。
投げられない試合をするのではなく、勇気を出して勝負する姿勢を見せてほしいです。

鈴木は守勢でしたが、相手の戻り際を見事な小内刈で仕留めました。
顧問でもここまで綺麗に投げることはなかなかありません。
勇気を出して姿勢がよくなってきた分、持ち前の足技が決まるようになってきました。
次戦は練習していた内股で有効を奪取するも、技ありを取り返されて負けてしまいました。

富田は疲れの見える相手を投げきれず、悔いの残る引き分け
次戦はスーパー中1のケンセイに一瞬で投げられてしまいました。

そのケンセイと高橋が対戦しました。
中盤、一瞬大外刈がうまく入りますが逃れられてしまいます。
最後は崩れたところを押し込まれて、抑えられてしまいました。

最近、練習態度が激変し、一気にやる気を出してきた坪井は柏苑祭の会議が長引いてしまい、無念の欠場でした。

柔道部員、現在の得点です。
高橋3.5点
富田3.5点
鈴木2.5点
坪井0点
吉川0点

次回の月次試合は11/8です。頑張りましょう!

翌日(9/7)の稽古では、ビデオを見ながらの反省会を行いました。
各自、できるようになったこと、苦手なところを発見し、有意義な反省会になりました。
特に高校生は最近、ある程度得意技も確立でき、少しは柔道がわかってきたようです。
まだまだ課題の多い彼らですが、投げる喜び、試合の楽しみを感じることができているようです。
彼らに残された時間はあとわずか!悔いを残さないよう、完全燃焼してほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月の月次試合

8月23日(木)、猛烈な暑さの中、講道館に月次試合に出場してきました。
結果は以下の通りです。

吉川 一本負け
坪井 一本負け
高橋 一本負け
富田 一本勝ち(1点獲得!)
    一本負け

高校2年生の富田は入部以来、亀への攻撃法として回転式送襟絞を
ひたすら練習してきました。
ようやく様になってきたので、7月からは引き込みからの横返しを始めました。
まだ初歩中の初歩を練習中ですが、それでも繰り返し練習していると出来るようになるモノです。逆転の一本勝ちでした。

高橋は気合い十分でしたが、少々から回り気味だったでしょうか。
いずれにしても全員が少しずつ、練習の成果が現れ始めています。
次回の月次試合は9月6日(木)すぐにやってきます。頑張っていきましょう!
また応援宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)